2016年8月26日金曜日

昔撮った写真をストックフォトへと思ったけど、アマアマで・・・(汗



鹿児島県喜界島の写真です。
かつて、ウォーターボーイズのドラマのロケ地ともなったところ。
ロケ地巡りが好きで当時行きましたよ。
しかも船で・・・

最近、夏バテか撮影からめっきり離れてしまって
ストックフォトの審査にも全くといって提出せず。

撮影の暇がないなら、昔取った杵柄

いや、昔撮った写真をと思い、HDDの奥底から引っ張り出してきたのは良いのですが
よ〜くみるとアマアマなんすよね〜。

で、審査に提出するの諦めました(笑

おそらく、この写真はNikonD100

D100?ニコンの初期のデジイチです。

800万画素くらいだったかなぁ。


いやいや、カメラが悪いのではないですよ。
腕が思いっきり悪い。それに尽きる。

今もそんな人様に言えるほどの腕は無いのですが
このころは使いこなすこともできないのに衝動買いしてしまって
ただひたすらシャッターを切っていました。プログラムモードで。
一眼レフ持ってるとカメラマン的な感じで
はい。見てくれから入る人間なんで。


でも、このころから上達したのかなぁ。
10年前の写真だけど、どっちが上手いんだろうか?

今の方が色々経験値はあがっているだろうが、アクティブに撮りに出かけるなんて
行動力は絶対衰えているだろうなぁ。




ドライブレコーダーのLED信号対策って、知らんかった。

シリーズでお伝えしていますドライブレコーダー企画。



え?勝手にシリーズにしていますが・・・

実は、購入していろいろ試しながらネットで検索して情報を集めていたんですが

私が住む九州は西日本。

西日本のLED信号はドライブレコーダーで消える事があるらしい。

ドライブレコーダーのコマ数とLED信号の発光のタイミングが

合ってしまうことがあるらしく、そのタイミングにはまると

信号が点灯していないように見えるということ。

そら、何か事故が発生したときにそんなことがあっては

録画した意味がなくなる。

で、自分のはどうかと動画ファイルを引っ張り出して確認してみた。






あらかじめ言っておきますがこれが全てではないと思います。
この場所にこの時間に来て、ドライブレコーダーが録画したことは確かですが
同じような現象が次起こるかと言えば、不明だと思います。

たまたま、こういった記録がされたということをご理解ください。

歩行者用信号は、青の点滅が途中で発光しなくなり、再び青の点滅が発光。
おそらく、発光のタイミングと動画の記録コマが最初は良かったんでしょうが
徐々にタイミングがづれて青の光が見えなくなる。しかし、タイミングがまた
合ってきて見えるようになる。
そういった現象だと思います。
これは、車用の赤の点灯も一緒で、ある意味ゆっくりとした点滅に見える。

ユピテルのサイトでDRY-AS380Mの仕様などではLED信号の対策についての
記載はないと思われるので、対策が取られた機種ではないと思います。

ただ、まったく信号の発光が見えないというわけではないので
個人的には、何か事故があったとしても前後の映像から推測できるのではないかと思いますが・・・。
※個人の意見です。

対策の取られたメーカーや機種もあるようですが
すでに買ってしまって取り付けている以上、今更返品というのもね〜。

今までドライブレコーダーをつけていなかったので、それに比べれば少しは良かったのではないかと思います。


【関連記事】

このお盆休みどこも帰省もしなかったから、秋に車で旅行する。のでこれ買った。

ユピテルDRY-AS380M ドラレコ装着完了。意外に簡単やった。

ユピテルのドラレコはMacの専用ビューアが無いんだ。諦めきれず他社ソフトで試してみた

2016年8月25日木曜日

ストックフォトの信頼性。やはり使う側も慎重に吟味が必要か。

ネットの記事でよく利用されるストックフォトのイメージ写真。
私は作る側だけでなく、利用する側の立ち位置もある。
このイメージもストックフォトサービスからいただきました。




この夏の五輪で中国国旗のデザインミスがありました。
ニュースでも多く取り上げられていた。
デザインは、星の角度が違うというものだった。
中国国民ならまだしも、外国人である私からしたら正誤の比較をみせられてもすぐには気付かないすごく細かな部分だった。



政治、社会、スポーツ、話題とあらゆる記事をネットで見るのが日課な私ですが、
最近、ある記事の中で中国の国旗をイメージ的に使っていた写真を見かけた。
それは、ストックフォトサービスで提供されていたグラフィックデザインみたいな
写真だった。(記事には引用と表記されていた)


おなじ間違いだった。


記事の内容は五輪の国旗のデザインミスという記事とは全く関係ないものであることからして
意図して誤ったデザインの国旗を掲載する必要もない。

ということは、記事を書かれた方の掲載ミスだと思われる。


ここで思うことがある。



 これは、だれのミス? 



記事を書かれた方の掲載ミス?
そのデザイン写真が登録されているストックフォトサービスのミス?
もしかしたら、デザインを制作した人のミス?



 もしかしたらミスでないのかもしれない。 



国旗をモチーフにその国を表したデザインであって、公式の国旗としてのデザインではないのか?
だとすると、デザインした方・ストックフォトサービス・記事を掲載した方はそのこと認識した上でのことだったのか?


このあたりを考え出すときりがないし、わからなくなる。



ただ、それを間違いだと考えると




 ただ言えるのがこの記事、信頼性あるのか?と思う 




単刀直入に、私はその記事を見て、記事自体の信ぴょう性を疑ってしまった。
おそらく、その間違いに気づいたからこそ、しかもタイムリーなこの時期に気づいていしまったことがそう思わせたに違いない。
その記事が面白く思って読んでいた私はその写真に目がいったとき、かなり落胆しましたよ。






 一つの誤りで信頼性を台無しにするからこそ慎重に 




どれだけ、その記事の写真に気づいた方がいらっしゃるかわかりませんが
私でさえ気づいたということは、ほかにも気づく方がいるはずと考えるべき。

私がしている映像の仕事では、ミスが無いかを気にしながら作業をしています。
間違いを起こさないというのは現実的に無理があるので確認、確認、確認の毎日です。
それでも間違うことがありますけどね。






 どう捉えられるかを吟味する必要がある 




誤りではなかったかもしれない。しかしどう捉えられるかをよく考えて作業を進める必要があると思った。


制作者

  • ストックフォトサービスや購入者に自分のイメージがどのように伝わるか


ストックフォトサービス

  • 制作者の意図を汲みつつも購入者にどう捉えられるかを調査


購入者

  • 販売側の信頼性を吟味、使用によっては掲載でどんなイメージを提供できるか






 深読みしすぎなんだろうか? 


と、まぁ御託を並べて記事を書きましたが、実際どうなんでしょうね。
深く考えすぎなんですかね?
世の中、事が猛スピードで進む中、五輪の話も忘れかけていましたからね。

ひとつ言えるのは、私も勉強しながらのストックフォトをやってますし
このブログもですね。
他人に迷惑かけないようにするのが一番大事なんですかね。



はぁっ最近写真撮ってないや。
どっか、撮りにいきたいなぁ。




2016年8月24日水曜日

ユピテルのドラレコはMacの専用ビューアが無いんだ。諦めきれず他社ソフトで試してみた

ドライブレコーダーは、やっぱり何かあった時の記録のために録画するのがメイン。

だから、信頼性とか仕様とかを重視して選んではいたんだが。

旅行とかのドライブショットととして残しておくのもいいなぁとも考えていた。
そら〜、趣味で写真撮影とか動画撮影もやってるし、ストックフォトもね

もともとユピテルのドライブレコーダーDRY-AS380Mは
MOV(H264)で収録できるし、Macでも問題なく再生できるし
購入時は、それで十分だと気にしていなかった。

しかし、購入し車に設置して使い方を取説で確認していたところ
記録した動画を確認できるソフトがあると知った。

まぁ、専用ソフトが無くとも見れるし編集もできるからと
軽く考えていた。

アマかった。

なんと、GPSなどを利用したデータと連携することで
写真のような速度メーターや地図を使った経路を表示できる。



楽しそう。


早速、自分のMacにも!


Windows専用だった・・・



かなりいろんな意味でアマかった。

なんでだよ〜。

かなりショックが大きかったんですが、

どうにか同じようなことができるソフトがないかと必死に探した。

あるサイトでKENWOODの専用ビューアにMacOS用があって使用できたという記事を見かけた。


はい、やってみました。
こちら!



おお、再生できる!カレンダーまで


地図が出ません。Gセンサーもサポートされてません。
やはり、KENWOODの製品で利用しないとダメか・・・

実際はこのように表示されるようです。




諦めません。


ほかにもあるだろうと検索。


ありました。

TranscendのDrivePro Toolboxというソフト





意外にシンプルだ。公式サイトでは


地図があるんだけど、どうして私のPCでは表示できないんだ???

考えても仕方ない。

他社のデータだから表示できないんだろう


はい、次


PAPAGO!っていうメーカーのPAPAGO CAM ON Player



おお!、おしい!


速度メーターとGセンサー、方角まで表示しているのに地図が出ない・・・



実際は、こんな感じ。

羨ましい・・・・


ユピテルのデータもそうですし、他社さんのデータも一緒だと思うのですが
おそらく、動画ファイルMOVとかと、GPSデータ(拡張子が.nmea)の
2つがセットで生成されるので
GPSデータの何かしらがメーカーによって多少違うのかな。

まぁ、WINDOWマシンで利用すれば良い話なんだけどね。

もし、参考にされようと思う方いらっしゃいましたら自己責任でね!


買って、最初だけと思うんですけどね。専用ビューアを使うのなんて。
個人的には、エラーとか発生せず、ちゃんとMacに取り込めて再生できれば良いし。
ようは、万が一の記録ですから。

でも、やっぱり旅行とか行った時のドライブショット、綺麗に撮れるんだったら
それはそれでいいなぁ。(あきらめ悪い・・・)

あとは、同時に映像に焼きこまれる日付や位置情報がオンオフできればいいんですけどね

それに関しては、また調査してみたいと思います。

2016年8月22日月曜日

ユピテルDRY-AS380M ドラレコ装着完了。意外に簡単やった。

先日、嫁の同意を得て買ったドライブレコーダー。
この日曜に取り付けた。

【関連】このお盆休みどこも帰省もしなかったから、秋に車で旅行する。のでこれ買った。



初めてのドライブレコーダーです。
車のアクセサリーなんてあんまり知らないし、車の改造?とかできないので
結構不安でしたが、意外に簡単に設置できた。

最初は、近所のカー用品店に行って買って設置してもらおうと思っていたのですが
やはり値段との相談でした。ネットで購入したほうが安くつくと思い結局、楽天にて購入した。

いろいろ調べていて、ドライブレコーダーの付属品は、だいたいがシガープラグコード。
まぁ、これが簡単なんでしょうね。
しかし、私の日産ノートはサイドブレーキの隣にシガーソケットがあるんです。
これが、かなり気になってました。
エアコンやカーナビの下にあればシガープラグコードが目立たなく設置できると思ったのですが、サイドブレーキの位置になるとどのようにケーブルを這わすかによってかなり見た目が悪くなると不安でした。

でも意外にそうでもないんですね。
もし、私と似たような感じで不安に思ってる方のお役に立てればと思い
この記事を書こうと思いました。

もし、ドライブレコーダーの比較等で来られた方、この記事は役に立たないと思いますので移動したほうが良いと思います・・・(汗

ユピテルDRY-AS380Mとサイドブレーキの隣にシガーソケットがあり
シガープラグコードで設置を考えている方のみに少しはお役に立てるのではないかと思います。


 ユピテル DRY-AS380Mについて 


これは、ここで説明するよりメーカーサイトを確認したほうがよいと思います。
リンクはこちら


ユピテル DRY-AS380M




 私が気になったDRY-AS380Mの仕様 

まず、カメラの性能とかオプション的な機能とかは除外します。
私が気になったのは、電源部分のケーブルについてです。
カメラが内蔵されたこのミラーですが電源はUSBの口で小さい方です。
名称は詳しくないのでわかりませんが・・・

後日、また報告させていただきますが、おそらく、モバイルバッテリーなどと
接続できるのではないかと予想しています。
できれば、接続できてほしいかな



 必要な工具とかあるのか? 

まったく、ありません。
今回、すべて素手で行いました。
設置するとき、嫁に時間かかるからと言い残して駐車場に行ったのですが
おそらく30分もかからず戻ってきました。



 元からあるバックミラーにDRY-AS380Mを装着 


はめ込むだけです。車種によってはめこめないこともあるそうですが
日産ノートは大丈夫でした。



 コードの這わし方 

写真を使って説明していきます。


これが、元のミラーに被せたDRY-AS380Mです。
画像左が運転席です。運転席側にカメラが見えますね。
ケーブルはミラー上部に口がありましてそこに挿入しています。
で、写真のようにケーブルをフロントガラスと天井の間に挟むように這わします。


矢印のところ、隙間があるんです。
指の爪でコードを押し込めがすんなり入ります。
簡単です。
助手席側のドアまで這わします。




ドアを開いて、ゴムと言っていいのかわかりませんが、下に引っ張り下げます。
簡単に外れます。こんな簡単に外せるのかと思うくらい易しくて逆に不安になります。




助手席に座って前上部のプラスティック?カバーを外します。
ちょい強めに手前に引くとこれも簡単に外せます。
そしたら、ケーブルが見えます。
このケーブルの一部は、車を購入した時にディーラーに設置してもらったETCの
ケーブルですね。
ETCはバックミラーのところに受信機みたいな部品が設置してあり、コードがここを通り
ダッシュボードの下(助手席の足元)にETCカードの挿入機まできています。
ということは、このケーブルと同じルートを通れば、おのずと助手席の足元まで行くと
いうことです。



すんません。写真撮り忘れました。
矢印のところにあるプラスティック?カバーこれも外します。
すると助手席の足元へ空洞があります。
どうなっているかわかりませんが、ETCのコードがここをつたって助手席の足元へ
つながっているので同じようにケーブルを這わしていきます。
ここまできたらほぼ終わりです。



あとは、どのようにケーブルを這わしてもよいと思いますが
私は、極力邪魔にならないよう、サイドブレーキのところまでフロアマットの下を通して
シガーソケットに装着しました。
まったくケーブルが這っているとはわかりません。
嫁も気づいていなかったようです。

あとは、剥がしたカバーやゴムを元に戻せば終了。

カー用品店で設置してもらおうと思っていたけど
ぜんぜん楽勝でした。

気をつけなければならないのが、ケーブルなどがエアバックの妨げとかならないように
しなければなりません。
しかし、ETCが設置されているルートは、もちろん邪魔になっていないので
大丈夫と思われます。

作業時間おそらく30分。
8月の真昼間だったのでかなり暑くて汗だくだくでしたが
休憩なくいけました。

もし、自分で設置するのが不安で心配だった方のお役に立てればと思います。
ただ、自分で設置するということは自己責任です。
車種によっても違うと思いますので十分注意して作業されてください。




ユピテルのDRY-AS380Mはオプションで駐車録画にも対応しているようです。
ただ、直接バッテリーなどに接続しなければならず
私の中では無しかなぁと。
モバイルバッテリーという手も考えているのですが
夏の暑い時期にバッテリーを放置するのはかなり危険でもあるし
もうしばらく、いろいろなサイトや記事を見て考えたいと思っています。

個人的には、ドライブレコーダーの役割もそうですが、ドライブの思い出とかストックフォトに挑戦できればなぁと淡い期待をしています。

また、何か役に立てるだろうネタを見つけたら記事にしたいと思います。

連日売れましたぜ。前倒しでやってくる売れ時はわかるけど、やっぱり早すぎではないか?

きのうに引き続き、また売れてしまった。
イチゴの素材です。



イメージです。
これもまだ売れてないんですね〜。


売れるにこしたことはないんだけど、
PIXTAChannelで掲載される「◯月に取り組むのはコレ!」よりむちゃくちゃ早い気もする。

こっちは、それに向けて素材を撮り、しかもいつも時期的に間に合わないから来年売れてくれればと目標にストックしているのに。
その先を行きますからね〜

嬉しい悲鳴ということにしておきましょう。

ストックフォトとは、やっぱりあれですね。
使いたい時に持っていない素材が売っているから買う人もいる。そういうことでしょう。

それ以上でもそれ以下でもない。

イチゴは、2月に撮影したものだから
買いたいという人は、半年前から必要としている

ということは、この7月に撮影したひまわりは、半年後の1月から2月に売れると期待していいのかなぁ(笑

2016年8月21日日曜日

まじでようわからん。この時期にこれ売れるんだ?ストックフォト

数時間前、売れない御託をならべた記事を書きました。

【関連】当然ながら一年を通してストックフォトがないと毎月売れるのは厳しいか。


しかし

さきほど、季節外れのイチゴがPIXTAで売れているのを確認した。


13994997
(c)a_katto ー写真素材 PIXTAー


上の写真は、イメージです。
売れた写真ではなくて、まだ売れていない写真。
どうせ紹介するなら、もっと見て欲しくて・・・(汗


ほんと、わからんくなりました。

そこまで、考える必要はないと思うんです。
売れたら、嬉しいでいいと思うんです。

でも売る側は、絶対この時期はやはりこれだとか。
セオリーを考えていると思うんです。

じゃないと、この時期だからこれを重点的にストックしようと
思わないじゃないですか・・・


ストックフォトとは、そういうものなんですかね?
セオリー通りにいかないのが醍醐味なんですかね。
だからやめられないんですかね?

とりあえず、ひたすらストイックにストックするのがいいんだろうか・・・


当然ながら一年を通してストックフォトがないと毎月売れるのは厳しいか。



あ〜、8月も下旬ですなぁ。
先月は、pixtaで映像も売れたんだけど
今月は、全くダメな感じが。

まぁ、登録素材がそんなないもんで
現段階では、儲かろうなんて浅はかな考えはないのですが、
やはり、毎月一定の売り上げを目指すには
1年間かけて素材を貯める必要があると感じた。

モデルさんを使った写真を撮っているわけではないので
常時、売れることはないんですよね。

やはり、ここはぐっとこらえて1年かけて
年間でくまなく売れる素材を揃える必要があると感じました。


長年やってきたストックフォトですが
撮りたいときに撮ってアップするというストロークでは
やはり、ある時期は売れ、ある時期は売れないといった感じになるんでしょうね〜。


このブログを始めたころから積極的に、撮影することにしていますから
とりあえず、今夏はある程度ストックできたと思う。
夏に使える素材は増やした(まだまだ足りないけど)

9月からは、秋に使える素材を登録していって
12月からは、冬、クリスマス、正月と
年明けからは、初春、
3月からは春、初夏と
とりあえず揃えることにしよう。

そこから、私のストックフォトライフが始まる気がする。
どんな素材が足りないとか、もっとこういう演出が良いとか。
まだまだ、考える時期ではない。(私のストックフォトでは)
今はひたすら、じっと堪えるしかないだろうと思う。

ま、撮ってすぐ売れるのは、たまたま売れるということで
幸運だったと考えることにしよう。
著名なカメラマンでもないですし。

そう考えると、ストックフォトも大変だね。
凡人だから仕方ないか。



2016年8月18日木曜日

今年の夏は暑い。こいつも焼けたんか?

うちの自宅の玄関にはこいつがいる。
日中は隠れているんだが、
夜に帰宅すると玄関でこいつが待っている。




すこしだけ、背中が黒いのわかりますか?
絶対、日差しで焼けたと思う。

嫁に、見せたら
もう一匹、いるらしくて
そっちは、体全体が真っ黒らしい。

今年は、雨があんまり降らなくて


晴れ

晴れ


晴れ


そら〜、日中どこにいるかわからんけど、

こいつらも焼けるんだな(笑


その嫁の見た、真っ黒のヤツ。

見つけたらまた報告します。


どうでもいいか(汗

2016年8月17日水曜日

ブンブンブン。ホバリング♪ PIXTAの映像申請。サムネイル画像の時間指定がね〜

本日、pixtaにて映像がまた登録できました。

ぶんぶんぶん〜っ♪



先日、撮影したひまわりに集まるハチさん。
【関連】嫁を置いてひまわり畑に行ってきた。

頑丈な三脚を持っていなかったので手持ちでひまわりを撮影してました。
したら、ハチさんがぶ〜んとひまわりにホバリングしながらやってきた。


上の写真は映像をキャプチャーしてトリミングとかしたのでかなり画質が悪いですが。
ちゃんとHDで撮影しています。
でもね、ピントを手動で合わせるなんてかなり難しかった。
しかも、ファインダー越しとかでなく、バリアングルで撮影してたのですが
ひまわりの背丈が私の腰くらいの位置だったので
腰でカメラを固定してながらピントは感覚で撮影していました。

その映像がこちら

video


video


個人的には、もう少し、ホバリングするハチさんをクローズアップで撮りたかったし
ひまわりの花に着地するまでをスムーズに行きたかったのですが・・・

まぁ、素人の私には無理かなぁ(笑

これから、登録された素材を私が自分自身で辛口、甘口で評価する記事のコーナーを設けることにしよ。今思いつきました。


これを1回目にします。

意外に、今回のこの映像、PIXTAに申請することに迷いはありませんでした。
だってこんな映像、あんまり無いと思うし。
ちょっと、構図やカメラワークに不満は残るが、今自分にできる限界ですかね。

しかも、ハチさん。映像で見るとなんともないんだが、
私は、10年ほど前、スズメバチに刺されたことがありかなり恐怖でしたね。
そこんとこ、考慮すれば自画自賛できる映像だと思います。

でも、売れないだろうなぁ



なぜ、そう思うか。こういうカメラワークって限られすぎて使いにくいと思う。
三脚でがっちり据えて撮っていればまだしも、手持ちのブレブレ映像ですからね。
ほんとは、審査を通過するとも思っていませんでしたし。
60Pで撮影していたのが救いかなぁ。

それと、映像の登録に関しては、PIXTAではクリエイター自身がサムネイルの時間を指定することができるんですが






サムネイルとは検索でヒットした映像が表示される画像のことですね。
時間を指定できるのはいいのですが
やはり、パッと見た時の印象が薄いんですよね。
サムネイルが小さいからハチなんてもっと小さくなっちゃって。難しいなぁ。

サムネイルがもっとカスタム化できればいいんだけどなぁ。


まぁ、今回紹介したことで少しは売れやすくなることを望む!!







ストックフォトサイトで見つけた色鮮やかな素材がプリントしてみてガックリ

ストックフォトで見つけた写真は、さまざまなメディアで利用されている。
インターネット、映像、紙媒体など。

すぐにでも使えるようにと、鮮やかな色彩で
ストックフォトサービスで選ぶのはほんと迷ってしまいますよね〜。

まぁ、私の場合はブログで利用することが大半ですが。。。
(なぜ自分の写真使わぬ?)


まぁ、それはおいといて
写真を探していると最近はHDR(ハイダイナミックレンジ)の素材とかも多い。
明暗差が小さく、白潰れや黒潰れが少なくすごく見応えがある。
HDRの素材だけでなく、今は、色調した素材が多い。

で今回疑問に思ったのが、RGBとCMYK
私がクリエイター登録するストックフォトサービスは写真素材の形式はRGBだ。
それは良いのだけど、プリントデータとして使用したい人には優しくないよね。

RGBとCMYKの違いについては、深くは説明しませんが
基本的に、PCモニターやデジカメなどRGBモードに対し
印刷物に関してはCMYKモードで表現されてる。

このRGBとCMYKでは表現できる色の領域にも違いがあります。
だから、デジカメで撮った写真をプリントしたりすると「あれ?」って思ったことありませんか?

デジカメで撮った写真をPCやタブレットで見た時に綺麗な色をだしていた写真も
プリントするとくすんでいたりするんですよね。

サンプル的なものはこちら、




まぁ、1枚目は撮った写真の彩度を極端にあげたもの。適正なのかは黙認してください。
これを、印刷しようとCMYKに変換してみたのが2枚目の写真。

あれ?って思いますよね。
あきらかに、雰囲気が違います。

思うに、ストックフォトサービスで色鮮やかな素材を見つけたとしても
それは、紙媒体とした印刷物に使用するなら適していないかもしれない。
あっ、買うなというわけではありません。
プロの方なら補正することができるんでしょうから良いのでしょうけど。
経験値の浅い方だと注意が必要ですね。

これは、やはり販売するクリエイターも気をつけた方がいいのかなぁ。
過度な補正は、サービス上で目立たせるには良いのでしょうが
少しは、購入する側の多種多様さも考えたほうがよいのではないかと思う。


2016年8月16日火曜日

このお盆休みどこも帰省もしなかったから、秋に車で旅行する。のでこれ買った。

嫁も仕事だったし、なかなか連休が難しかったので
今年は、暦通りの休みになってしまった。

というか毎年のことだが。。。

だから、嫁とともに計画を立て、秋には四国に車で旅行しようと思う。
計画については、おいおい報告するとして、
きょうの記事では、これを買うことにしたということを書きたい。


お盆ということもあって、嫁の実家には顔を出したのだが
この時期だとやはり車も渋滞するということで
お義父さんよりマナーの悪いドライバーがいたと聞いた。

まぁ、この時期だから渋滞とかもありイライラするのもわかるのだが
トラブルも多発するだろうし、
以前から、装備しておこうと思っていたから
嫁を説得して買うことにした。

車で長距離の移動となるとやはり、証拠は残しておきたいし。

いろいろ、以前から調べているのだが
やっぱりユピテルがいいのかなぁと。
安いものもあるんだけど、ある程度はしっかりしているのが良いのかと。

最初は、カメラのみでも良いかなぁと思ったんだけど、
調べていくうちに、視界はすっきりしたいと思ってこれにした。

ワンランク下げれば、もう少し安いのもあったのだが
DRY-FH230M。

これだと、HD収録が10コマ/秒だった。
しかもDRY-AS380MだとHDRで30コマ/秒で撮れるというので
そこに惹かれておもわずクリック。

使用感などは、まったく届いていないのでわからん




 

アマゾンだと、USB電源供給のアクセサリーもある。

うちは、日産ノートでシガレット電源はサイドブレーキのところで遠いので
ダッシュボードのところにUSBの電源ケーブルがあるのでそちらでも良いのだが。。。
まぁ、使ってみてからの判断になるかなぁ


というか、このドラレコ、HDで30コマ/秒だから
ストックフォトでもつかえるんではないかと(笑
淡い期待をしています。

やってみないとわからんですけどね。

とりあえず、買う喜びってほんといいですね。

楽しいっす!

2016年8月14日日曜日

世の中お盆休み。でも仕事。だからこの素材を本日採用してくれたのか?PIXTAさん!

世の中お盆休みですよね〜。
私も、ここ3日は記事を更新してません。
きょうも、まったくする気なかったんです。

しかし、PIXTAさんがこんな時期に採用してくれたようで
その働きっぷりに敬意を表し書くことにしました。

PIXTA  No.23686698

この映像素材を申請していたのも忘れてました。
何気なくマイページを見ていたら、審査中の数が減っていたので覗いたところこれでした。

というより、PIXTAさん

もしや仕事してるんですか?


まじ驚きでした。

こんな時期だから、やはり審査も休みだろうと思っていたんですが。

ねぇ。。。


まぁ、この素材だからこそ、仕事しながら

飲みたい・・・


と思って、優先してくれたんですかね(笑


video


早く仕事終わらせて、ゆっくり飲んでください(笑

じゃないと、お盆やすみ明けからまた、申請増えますよ〜

と、私は思っています。


実は、日付で自動的にアップされるなんてことはないよなぁ(汗

2016年8月11日木曜日

やっちまったなぁ!!PIXTAに登録した映像、色みが変!(泣


「もも」の映像がPIXTAに登録されたという記事も書きました。
登録できたのは嬉しいんだけど、悔やまれることが判明しました。
それは色みです。

おかしいんです。(泣




video


淡いピンク色の美味しそうな桃(自分で言うなw)
でもね、おかしいんですよ。あきらかに。
わかりますか?
説明していないのにわからないですよね!

よ〜くみてください。
映像の背景とスクリーンキャプチャしたPIXTAの販売サイトの背景。
映像の背景の方がすこし青みがかっていませんか?
※モニターや室内環境によって多少誤差があると思います。

私は、この「もも」を撮影するとき、撮影ボックス(物撮りする際のミニスタジオ)を使用し、
背景には真っ白なシートを使用しました。

真っ白になるはずだったのに青いんです!


やっちまったなぁ〜。

普段から、映像の仕事をしている自分が完全に色補正するのを忘れていました。


いろんなストックフォトサイトの映像系をチェックしていると
たまに、ホワイトバランスがおかしくないか?と思う、映像が結構あります。


  ホワイトバランスとは

みなさんご存知のとおり
光源によって、白色とはいってもさまざな見え方がある。
例えば、白熱灯と蛍光灯。どちらも白色といえば白色。
人間はどちらの光も白色と認識できる。
しかし、カメラなど機械は、基準を設定してあげなければ
白熱灯が真っ赤になったり、蛍光灯が真っ青になったりします。
それを補正してあげるのがホワイトバランス。
補正というか基準を設定してあげることですね。


  細かい調整はかなり高度だよ!

私も、ストックフォト用というかカメラで撮影する場合は
撮影前に設定してあげたり、撮影後にPhotoshopで補正してあげたりします。
とくに、今のデジタル一眼レフカメラではRAWで撮影したりできますよね?
RAW現像の場合は、ちょっとした補正だけでなく、あきらかに間違ったホワイトバランスを
完璧な修正を可能にしてくれるというすぐれものです。
JPEGなど圧縮形式のデータでは、無理な補正でもRAWだと完全に戻せるので?
私は、大量の撮影がない限りRAWで撮影することの方が多いです。

しかし、色を補正するというのはかなり高度なものです。
ネットでは、自動で補正するソフトや、チュートリアルなどありますが
私は、そう簡単なものではないと思うんです。

なぜなら、間違った色みで撮影されたデータを補正するなら
色表現の正確なモニター、ディスプレイで確認する必要があるからです。
作業用のディスプレイが色表現が間違っていたら元も子もない。

あ〜、うちのは大丈夫よ。品質の良いものだし、自動で調整してくれるから・・・

って思っているそこのあなた!


そういう楽観的な考えはやめといたほうが良いと思います。


どうしてなのか私なりの考えを説明していきますね。


  どんなに良いディスプレイでも色の表現は様々

最新のテレビなどは、部屋の明るさによって調整してくれるだろうし、
写真や映像の仕事で使用するディスプレイなどは
正確な色を表現できるよう測定してくれうキャリブレーションというものがあるし、
あるときは波形モニターなどを使用することもあります。

私は、メインの仕事では波形モニターを使用して色を確認しています。

でも、フリーランスでデザインや写真、映像の仕事をされている方などは
そうそう、高価な装置を揃えるのも苦しいだろうし、
写真が趣味でちょっとストックフォトをやってみたいという方などはなおさらだと思うのです。

極端な話、色をつけまくって色の基準うんぬんではなく
「これが私の表現の仕方だ」と苦し紛れにごまかすこともあり得るかもしれません。
※あくまで、想定です。全てがそういうものだというわけではありません。

家電量販店のAVコーナーをみてください。
今やハイビジョンはあたりまえ。4Kテレビもある現在。
メーカーによって、色みが全くちがうし、設定もいろいろできる。
人の好みだってある。

そんなんで、何が基準で、どれが正しいなんて言えますか?
言えないですよね〜?ね?



  基準がいつでも正しいというのはちょっと・・・


確かに、国際的な基準が映像の世界でも存在します。それにあわせていれば
基本的に大丈夫でしょう。クライアントなどから「これ色みおかしくない?」と
いわれても国際的な基準をもとに合わせているので問題ないとも言える。

けどそこに捉われすぎるのもどうかと思うんです。
自分みたいな、弱小クリエイターには国際的な基準うんぬんよりも
クライアント様さまが重要なんです。

人の目に触れることの多いテレビCMとか全国雑誌ならともかく
あんまり人の目にふれないブログ(このブログですよ)とか田舎の地域だよりなどが
メインであればそれが基準になるんじゃないの?
そこで正しくなくとも違和感なく表示されていればね。
というのが私の意見です。

映像が使用される媒体が、集会所のブラウン管テレビだったり
写真が掲載される媒体が地域の黄ばんだ再生紙を使った住民だよりだったり
やはり、そのホワイトバランスに合わせて素材を提供するのが大切だと思います。



  結局のところじゃあ色補正どーするの?

まぁ、大手制作会社のクリエイターがちっちゃい仕事をするわけでもないし
設備投資もできないということもないのでここでは話しません。

ただ、私みたいな弱小のクリエイターさんにおすすめなのは
そのテレビで映像を再生させてもらったり、その黄ばんだ再生紙で印刷するんですよ。
それしかない。

ってそれだけか!

すんません。それがいちばん手っ取り早いんです。

それでも、たま〜にテレビやHPの仕事が依頼があったなってなったら
それも、さまざまなテレビ、ブラウン管から4:3の液晶テレビ、ハイビジョンテレビ
RGBやD端子付きのディスプレイと古いものから最新のものまで試すしかないんです。

ただ、表現の仕方に絶対ばらつきがあります。
どこに合わせるか妥協点を見つけるのが大変ですが・・・


  本人が使用するディスプレイや作業環境も重要

所有PCのディスプレイが古い、壊れかけている。
そんなときに、できる対処法は
これじゃないかと・・・・

ディスプレイを買い換える。

いやいや。

その古いもしくは壊れかけのディスプレイ上に白を表示させるんです。
それが、ディスプレイ上で赤みがかっていたり、青みがかっていても
白は白なんです。

Photoshopで例えるなら
写真データと白データを並べる。
写真データの白い背景や被写体をその白データに近づけるだけでよいと思うんです。


まぁ、こんな感じ。
白レイヤーを作ってあげて比較しながら補正すれば
補正後のような感じに持っていけると思います。



  ストックフォトサービスに登録するなら

ストックフォトに登録するならやっぱり、露出とかピントとか、鮮やかさとかも重要だと思いますが、
ホワイトバランスも重要です。
とくに、サイト上で検索してていっぱい候補が見つかっても
背景が黄ばんだ白だったり、白背景の女性モデルの表情がとても良くても真っ青な背景だったら
なんか違うイメージになりそうですもんね〜。

今回、私が登録した「もも」も見てみたんですがやっぱり青いんですよね〜。
検索で一つの候補しかなく、でも購入者にとって必要だとしたら
買った上で補正してくれるかもしれませんが、
やはり売る側としてはやっぱり購入者に「これしかない!」って思ってもらえるのが
一番うれしいかもしいですよね〜。

なので撮影するときも、撮影したあとも、しっかり確認しましょう!
他も重要ですけどね。

って、まず自分に言わなければ(汗





2016年8月10日水曜日

PIXTAで映像が未だリジェクトされず。まだ少ないから審査が甘いのか?

本日、PIXTAにて映像が8ファイル登録できました。
うち3ファイルは、以前私の不手際で不要な音声が入ってしまったもので
あらためて、無音で申請したものです。

【関連】PIXTAに必要無い音声が入ったまま登録された映像。どうしようか迷ったのでどうしたらいいか聞いてみた

まぁ、よっぽどのことがない限りリジェクトはされないだろうと思っていたが
本音は、気が変わったかでリジェクトされたらどうしようとも思っていた(汗



video


こちらは、桃の映像です。
ほんとは、桃狩りの様子を申請したかったんですが
なかなかね。

【関連】桃狩り行って狩れなくて滝で涼む


驚きなのは、いまだ映像に関してリジェクトがないということ。
甘く見積もってもカメラセンスが上手いとは言えない。
写真と違って、構図は決められても、カメラをパン、チルトするとなると
それなりのテクニックがいるはずです。

まぁ、この映像も編集テクニックでカクついたところをなめらかにしましたけどね。
編集が上手いのか?

とにかく奢ることなく、初心を忘れずに撮影はやっていきたい。
下手なカメラワークは本業の編集テクニックで・・・

残りは「ひまわり」の映像4ファイルです。
これに関しては、ほんと自信ありません。
手持ち撮影だし、ピント送りがマニュアルでほんと大変だった印象しかありません。

個人的には、その「ひまわり」が登録できるなら、登録できるだけでうれしいかなぁ。




2016年8月9日火曜日

多分特定のストックフォトサイトで採用すらされなくても別のストックフォトサイトでは売れるんです。

イメージ
売れました。

photolibraryで。

いや〜、売れてよかった〜。

その写真は、pixtaで不採用になった素材でした。

【関連】PIXTAでリジェクトされた写真を別サイトに登録することができた!

記事タイトルがなんとなく証明できて、よかった〜。


ですが、決してストックフォトサイトの


どっちかが良くて、どっちかが悪いというわけではありません。


いろいろなことが相まって今回の奇跡が起きたと思うんです。

ニーズがpixtaになくphotolibraryにあった。それだけですね。

photolibraryでは値段を設定できます。

個人的には、pixtaと同じ値段でいきたいです。

しかし、私の性格でしょうね。安くしてしまうんです。それも要因でしょう。たぶん。


また、今回売れた写真が、梅雨の洗濯物をイメージしたものですが

まさか、8月という、夏真っ只中の季節外れなこの時期に売れるとも思っていませんでした。

私のイメージした感性と違った用途もあるんでしょうね。

そういうところも、今後考えていかないといけないなぁと思いました。


ストックフォトにも「アンブッシュ」規制法は・・・?

タイムリーな記事を書くのは、やめといたほうがいいかなぁ。

ただ、常に最新の情報を仕入れておかなければ、ストックフォトにも影響があるかなぁと

でも今回書きたいことは、なんとなくブログにも及びそうなので

固有名詞とかだしたくないので、こういう書き出しで察していただければと

本日、8月9日のyahooニュースで見た記事です。

ツイート禁止とアンブッシュ規制法。

yahooニュース 2016年8月9日

ストックフォトでも、絶対ありえるだろうなぁ。

特に、イラスト関係は絶対何かしら規制が入るのだろうか・・・

世知辛い世の中になってきた感じもします。

便乗商法わからんではないけど、ね〜。

この話題、あまり気にしてなかったけどこの4年前にもあったんだね

PIXTAとフォトクリエイトの関係は今・・・?

夏の祭典、始まりました。

連日、テレビでスポーツ観戦してます。

あっ仕事に集中してません・・・

暇なんす。




スポーツ観戦。

この話をストックフォトと絡めるとなるとね〜。

強引な感じもしますが(汗

しかし、PIXTAは3年前、フォトクリエイトという企業と業務提携しました。

フォトクリエイト?

ご存知の方もいらっしゃると思いますが、

スポーツ大会を主に撮影するサービスを行う企業です。

全国で開催されるスポーツ大会に出場する選手、一般市民ですかね

撮影してその写真を販売する。

例えば、マランソン大会。

結構、様々な都市で開催されますよね。市民ランナーがこぞって参加しています。

おそらく、SNSに投稿したりしますよね〜。自分の有志を。

ランナーは出場しているため、自撮りするのは結構困難。

友人、家族に頼むとなっても、カメラの性能によっては撮影も難しいですよね。

そんな要望を叶えるかのように

「プロのカメラマンがあなたを撮影します」みたいな感じで

いろいろな大会に撮影に協力しているようです。

そんな企業が、ストックフォトのPIXTAと業務提携したのは2013年。

PIXTA プレスリリース

こちらに、公式発表されています。

掲載されている提携内容。

クリエイターのみなさん。知ってました?

私は、提携したのは知ってましたがクリエイターに対して

何か、連絡あったかといえば、無いような・・・。

クリエイター支援の強化
フォトクリエイトの契約カメラマンにピクスタがストックフォト紹介プログラムを提供
→プロカメラマンにストックフォトという新たな活躍フィールドを提供

ハイクオリティなスポーツ写真素材を強化、1枚525円~で販売
フォトクリエイトの契約カメラマンが撮影した写真を素材として
PIXTAで販売(年内5,000枚のコンテンツ増目標)
→フォトクリエイトの契約カメラマンが撮影したハイクオリティな
スポーツ写真を素材として1枚525円~PIXTAで販売。 

コンテンツの拡充を目指します。


うん?内容ではフォトクリエイトのカメラマンに対してしか書いていませんね。


実はいうと、私は、この提携前よりフォトクリエイトに在籍していました。

いや正確には、まだ在籍中?

今は、仕事の関係で幽霊部員的な感じですけど。もう2年?くらい

ただ、このリリースのあった頃はまだ年に5回くらいほどは撮影の依頼があったと思います。

写真を始めて、風景や動物などを撮影してましたが

人物を撮りたいんだけど、どうもモデルさんにリクエストするのが苦手で

そんなときスポーツ写真はどうかと始めたんです。

モデル撮影とは違って、特に立ち位置とか表情とかリクエストせずともスポーツ写真は撮れるんです。

私は、Nikon70-200F2.8VRといったプロのスポーツカメラマンが使用するレンズも揃え挑みました。

何かにつけて形から入る私ですが(笑

しかし、そんな考えは甘かった・・・。


大きな大会とかなると、コースや会場によって複数のカメラマンを配置し

参加している選手をひたすら撮り続けるんです。

それは、出場している選手全員がメインですから。

プロ野球選手や、日本代表のサッカー選手などを撮り続けるカメラマン。

この人たちもすごいと思います。一瞬を狙うのですから

しかしフォトクリエイトで活躍するカメラマンもすごいと思います。(自分は置いといて)

なぜなら、参加している選手、全員が主役なんです。

一人たりとも撮り逃せない。ある意味、すごいカメラマンだと思います。


撮影していた時を思い出すと、ぞっとします。

マニュアルモードで、右目でファインダーを覗き、左目でファインダーに映らない選手を探し、撮り続けました。

2時間くらいで1000枚以上とかザラですもんね〜

しんど。

でも売れた時の喜びは、なんとも言えない感じでした。

売れなくとも、たまに良い表情の写真とかあるんです。

これが撮影冥利につきる。


って、かなり話逸れましたが、

今は、この業務提携ってどうなってるんですかね?

まったく、聞かないですが。

PIXTAのカメラマンにも、スポーツ写真撮りたいと思う方もいると思うんです。

そういった方に、打診があってもいいのではないかと思うんですけどね。

まぁ、自分にはなかっただけで打診のあったクリエイターもいるのかなぁ。


あ、明日からまたテレビ観戦ですわ






2016年8月7日日曜日

海外クリエイターもいるということでPIXTAの海外版サイトを覗いてみた

PIXTAの海外版サイトが正式にリリースされたのは3年前。

 英語版サイトpixtastock.com


海外購入者向けだからなのか、やはり、トップページにも海外の綺麗な風景が。
サムネイルなどは、そのままっぽいけど。

英語だからなのか、少しカッコよく見える(笑


PIXTAChannelに掲載されている「昨日の販売回数ランキング」
ここに、海外のクリエイターの作品が並ぶことも今や珍しくない。
だから、海外の購入者も結構いるのではないかとおもった。

売れ行きはさておき、
私の素材はどう表記されているのか・・・・
先日、登録された「ひまわり」の素材をもとに比較してみた。


比較になってない・・・
ほぼ、そのままのレイアウトだし、英語表記に変わっただけですね。
ただ、値段は日本円。
これは、為替レートが変わった時などはどうなるんだろう・・・
定額制があるので写真はいいんだろうけど、映像の場合はね。結構変わりますよね。


一番、気になったのがタグですね。
上記写真では、込みでスクリーンキャプチャできなかったので
別でスクリーンキャプチャしました。

 まずは日本語版 



私のタグですが、相変わらず少ないです。思いつきません。


 英語版はどう? 



あれ?なぜかタグが増える。ありがたいというか、スタッフさんやってくれたんすか?
だったら、日本語にも・・・


 英語版をブラウザで翻訳してみた  




あー。
直訳になってますし、日本語にしたら重複したタグが増えてしまいました。
「工場」ってなに?

現在、タグに関しては、申請時、日本語のみでしか対応してないのが残念ですね。
申請時に、英語タグを入力できるか、もしくは、日本語入力で翻訳表記が
確認できればいいのですが・・・

まぁ、これだとまだまだ海外での購入者には意図する素材にたどり着かないかもですね。


海外の方に購入してもらえるような素材をわたし自身が持っていないからなんとも言えないですし、
shutterstockのようにどこで購入されたかわかればいいのですが・・・

今後も動向を見ていきたいと思います。






2016年8月6日土曜日

PIXTAに「ひまわり」内包素材が登録できました。photolibraryはダメだったのに。

リオ五輪が・・・
ブログの記事が書く暇をくれない。

いかん。

日本人選手が出る前に。


きょう、PIXTAに「ひまわり」の写真が登録できました。

以前、photolibraryで「ひまわり」の内包する素材が不採用になったと書きました。

【関連】photolibraryでNG、まだpixtaからは連絡は無いが恐らくリジェクトされるだろう。「内包する」素材?


でも、本日リジェクトされるであろうと思っていた素材がPIXTAに採用されていました。

何がなんだか、よくわからなくなりました。



23718009


こちらが証拠の写真。

結局、「内包する」の解釈を間違っていて、類似作品が多くて

photolibraryでは不採用にされたのか?

もしくは、PIXTAには「内包する」の解釈がなかったのか

今となってはわかりません。

登録されたからには、あとは売れるのを待つ。

この構図が売れるかは神のみぞ知るですな。

「ひまわり」6枚が全てが今回採用されました。

もう、8月だから今年売れるのは微妙ですかね。

売れてほしいけど、時期がねぇ。