2016年9月30日金曜日

DJI「MavicPro」ですがどことなくBebopDroneに見えるのは自分だけか

全く知らなかったのですが
久々にDJIのサイトを見たら
新しいドローンが出てるじゃないですか・・・


DJI日本語サイト

なんとなく、BebopDroneに見えるのは私だけですかね?

BebopDroneはすこし丸みをおびて可愛らしい感じでしたが
この写真を見るとなんだかゴツゴツした感じが。

でも、サイトを見るとMavicはコンパクト設計らしくて
プロペラを折りたたむことができ、重さはなんと743g
BebopDroneよりは重いが、Phatom4の半分くらいの重さじゃないかな。

それでもって、3軸ジンバルスタビライザーの4K撮影と障害物回避などなど
Phantom4と同等?の性能がありそう。

コントローラー同梱ですがスマホでも操作ができるみたいなことが書いてありますが
まさしくBebopDroneみたいだなぁ。

ただ、思うのがコンパクト設計の軽量化というのは
ドローンにおいて風の影響を受けやすいと思うんだけどそこらへんはどうなんだろうか。
BebopDroneは風の影響が結構あったしなぁ。


なんにしても、ドローンの世界も毎年毎年進化してて
購入するのを躊躇っているとどんどん新製品が投入され
私は欲しいと思って資金を貯めても貯めても
どんどん置いてけぼり食らわされている感じです。

BebopDroneで少し遊べたことは遊べたんだけど
エンジンというかモーターが頻繁に故障するもんだから
なかなか、フライトすることもできず、
その点ではPhantomを購入しておけばよかったなぁと後悔するもあとのまつり。
(Phantomを購入した知人に聞いても故障が頻発するようなことはなさそう)


MavicPro。

まぁ、様子見だな。
と言っているとまた新しい機種が出るんでしょうね(笑




2016年9月29日木曜日

NikonD5300の動画機能、高画質と標準。アプリを使って詳細を調べてみた。

前々からNikonD5300の動画撮影データの詳細が気になってたんだが
公式サイトの仕様や取説を見てもどうしてもわからんかった。

で、いろいろ調べてたらめちゃくちゃ便利なアプリがあることが判明。



【関連】これぞ欲しかったアプリ。「Media Info」、なんで今まで知らなかったんだろう?


で久しく、平日休みだったもんで
すこしだけ、NikonD5300で撮影したデータをアプリで詳細を確認してみた。


ちなみに、D5300の動画機能はこんな感じ



だいたい、この仕様だけで十分なんですが
ずっと気になっていたのは、記録画素数/フレームレートにある※印。

標準/高画質選択可能


説明不足です。そら〜撮影するんですから高画質で撮りたくなりますよ。
ただ、それにともなうメリット、デメリットを説明してくれませんかね?

って思った次第です。

使用する際に判明することは、
高画質モードの方が最長記録時間がおよそ半分に短くなること。
おそらく、ビットレートが高くなることは薄々わかる。
価格com等の掲示板でもそんなことが書いてあったような。


ただ、ファイル形式がMOVでコーデックがH.264/MPEG-4 AVC。

H.264。

H.264ということはプロファイルとレベルによってさまざな規格があります。
くわしくは、ネットで調べてください。

プロファイルによってカラーサンプリングや色深度、レベルによって最大ビットレートや最大画素数などが変わってきます。

ぐたぐた書いても仕方ないのでとりあえず結果を書いていきます。


  D5300では標準・高画質ほぼ変わらない・・・と思う 



テスト撮影した種類
  • 1920×1080 60p  高画質&標準
  • 1920×1080 30p  高画質&標準
  • 1280×720 60p  高画質&標準
  • 640×424 30p    高画質&標準

640×424 30p?
多分、これで撮ることはないだろうけど、これってどこで利用されているサイズ?
上の動画機能のキャプにあると思いますが50pに関してはテストしません。

日本はNTSCであるのでPALで撮影することないですし、
PCであればどちらも再生するので私にはあまり関係ありません。
PALの方が画質が良いということになれば・・・・
ただ、日本で利用する場合はNTSCに変換する必要があるのでまた話は変わってくると思います。



video


動画を掲載しても良いのですが結局圧縮されるので良し悪しはわからないと思います。
1920×1080 60p 高画質のみを掲載します。
どんな映像が良いのかわからず、適当に撮影してみました。







1920×1080 60p 高画質の結果は上記キャプでわかると思います。
私が気にしているのは赤い線で示したところです。
①ビットレート ②ChromaSubsampling(カラーサンプリング) ③プロファイルとレベル

 1920×1080 60p 高画質 
①36.7Mbps ②4:2:0 ③High@L4.2

 1920×1080 60p 標準 
①20.9Mbps ②4:2:0 ③High@L4.2

 1920×1080 30p 高画質 
①19.9Mbps ②4:2:0 ③High@L4.1

 1920×1080 30p 標準 
①10.0Mbps ②4:2:0 ③High@L4.1

 1920×1080 24p 高画質 
①20.6Mbps ②4:2:0 ③High@L4.1

 1920×1080 24p 標準 
①10.5Mbps ②4:2:0 ③High@L4.1

 1280×720 60p 高画質 
①20.9Mbps ②4:2:0 ③High@L4.1

 1280×720 60p 標準 
①10.5Mbps ②4:2:0 ③High@L4.1

 640×424 30p 高画質 
①3.304Mbps ②4:2:0 ③Main@L4.1

 640×424 30p 標準 
①3.605Mbps ②4:2:0 ③Main@L4.1

※公式データではありません。あくまでテスト結果です。
 いかなる責任も負えませんのでご理解いただけますようお願いいたします。

640×424 30pに関してはビットレートが逆転しています。
こうなったのはよくわかりませんが、高画質も標準も差がないということなのかな

カラーサンプリングは全てで4:2:0
H264のプロファイルとレベルは640×424 30p以外は「High」で
1920×1080 60pのみ「High@4.2」

ビットレートに差はありますが、高画質だからとか標準だからとか
あまり、画質に差は出ないような感じだと思います。
これくらいだったら、記録時間の長い標準でもいいんじゃないかと・・・・



  クロマキー撮影に関してはやはり不向きなのかも 



カラーサンプリングが4:2:0ということで
仕事でも、クロマキー撮影の編集とかありますが
エッジの抜け具合とかを考えるとD5300は向いていない感じも
仕事のサンプル映像でも試したのですが
やはり4:2:0の映像より4:2:2の映像の方が抜けが良い気がします。
詳しくは書きません。
私も、そこまで専門家ではありませんので
詳しく知りたいのであればクロマキー撮影、カラーサンプリングとかで検索して
ネットで調べてもらったほうが早いと思います。


ただ、クロマキー撮影による抜けは、照明とかの関係もあります。
グリーンバックやブルーバックの背景の反射が被写体に映り込むと抜けにくいとか
あると思います。



  個人的には今後標準で撮影するかなぁ 



高画質、標準も重要かもしれませんが
やはり、一眼レフ動画はやはり被写界深度が浅くなりがちなので
可変フィルターなどを使って撮影することも重要かなぁ。
背景ボケボケの映像も良いのですが
やはり、被写界深度深めのパキパキ映像も4K映像とかでは見応え感があると思うんです。
新しいフラッグシップのカメラでは絞りとかも設定できるみたいで
羨ましいかぎりですが
今は、NikonD5300を使い倒す。の意気込みでとりあえず
標準画質の可変フィルターでいろいろ撮っていこうと思います。




    

四国への撮影旅行、台風の影響で中止。泣

2ヶ月におよぶ計画が、台風により中止することになった。

嫁はかなりショックだったようで、代わりに近場の温泉をと言っていましたが
どっちにしろ台風が九州に近づいてくるのであれば無理。

諦めてと、伝えました。


すんません、ほんとどうでも良い記事になりそうですが
計画では
4日間の旅行でした。
NEXCOの高速乗り放題を利用して
九州からフェリーで渡り四国を車で回りながら休日を満喫する予定でした。

道後温泉、祖谷渓、四万十川などなど




台風のばかやろう!

いろいろ、検索していると祖谷渓の紅葉は10月下旬から11月中旬ごろ。
1ヶ月延期すればよいだけなのかもなぁ。

久しく写真を撮っていないから、撮りたいなぁ。


2016年9月27日火曜日

PIXTAから「新作アップしてみませんか?」のメール、わかってるがな。

こちとら、そんなのわかってるし。
そうしたいのはやまやまなんだけどな。

最終アップロードから時が経ちすぎると受信するメール。


だけど、できないものはできん。


メールアプリに、PIXTAフォルダを作っているから
受信すると、直接、そのフォルダに入る。

期待するではないか

「あなたの作品が購入されました」メール。


がっくしくるのと、アップしたいのにできない苛立ちさ。


来週、四国旅行。

アップロード可能枚数の上限である300枚。

アップしたると意気込む、今このごろ。



2016年9月26日月曜日

マンフロットの三脚「COMPACT Action」 意外に好きだけど、でも水準器欲しかったかも

先週、帰省したら台風の影響もろ受け、しかもそのまま別の県に仕事で転戦。
まったく、何もできず。

ようやく戻ってきて先日購入した三脚をじっくりと眺めた

  Manfrotto  COMPACT Action



しまった!

サイズ感を出すための比較する被写体を写すの忘れた。
久々の記事なんで頭から抜け落ちていた。


写真ではサイズ感を出せませんが、気になりましたら
こちらの記事から
【関連】秋の旅行を前に三脚でも買おうかと。マンフロット「COMPACTアクション」

ジョイスティック的な雲台が結構気に入ってます。
うーん。この上の写真もジョイスティックが見辛いですな。
手で握ると親指でダイヤルを回すことができ、チルト方向の調整をすることができます。





クイックシューっていうのかな。
写真のようになっています。丸いやつ。
ロゴが入ってってカワイイし、でかく無いので付けっ放しでも気にならないかなぁ


  カメラを三脚に据えると気になる水平 


仕事で利用したことがある動画撮影使用していた
ビンテンとかザハトラとか普通に水準器が付いていたので
てっきり付いてるもんだと思っていたが

この「COMPACT Action」には付いていなかった(汗

でも、意外にも帰省した実家で
以前使っていたホットシューに装着する水準器を見つけた
台風に泣かされた帰省だったけど
これ見つけられただけでも御の字か・・・・




やっぱり三脚に据えてムービーを撮影する場合には必須だよね。



今週頑張れば
来週は、四国へ嫁と撮影旅行じゃ!!
台風来るなよ。仕事も発生するなよ!








水準器ってこんな高いんだね。購入したのが昔過ぎて忘れてました。

2016年9月16日金曜日

これぞ欲しかったアプリ。「Media Info」、なんで今まで知らなかったんだろう?

NikonD5300を購入してから半年ほどになるが、
動画撮影で気になっていることがあった。




取説や、公式サイトの仕様に書かれているんだが
標準モードと高画質モード。

ざっくりし過ぎていて、何が違うのかよくわからなかった。
ビットレートが違うのか、形式が違うのか。


その悩みに終止符を打つときがやってきました。



ただ、公式発表されたわけではありません。
知る術を私が得たんです。


どうするかといいますと


アプリを使用するんです。



こんなアプリがあるなんて今の今まで知りませんでした。

このアプリを使うと
世の中に存在する動画データの形式やビットレート、フレーム数などなど
まだまだ情報を知ることができます。


NikonD5300は
MOV形式で圧縮方式はH.264/MPEG-4 AVCです。

ただ、H.264というのはその中でもプロファイルやレベルというのがあって
それによって画質等が変わってきます。

だけど、NIkonサイトでも取説でもそこまでは発表されていませんでした。
唯一、標準と高画質とモードがあることだけ。

ユーザー的には結局どっちがいいんだよ?となります。


ということで、本日、結果を


結果を


結果?



あれ


サンプル映像がない


撮ってないよ、比較できるように。



。。。




と、いうことで


もうしばらくお待ち下さい。


明日も仕事で早いので、もう今更、動画を準備するのは無理です。



もし、気になって寝れなくなった方。



Win版もMac版もありますのでネットで探してみては如何でしょう。


所有するカメラの動画の画質は、どんなものなのかとかわかりますよ。


私のD5300は、もうしばらくお待ち下さい。


すみません

写真のレタッチするならPCモニターも正確に表示させなきゃ。でもお金無いから、最終手段は?



【関連】写真のレタッチでここまでするなんて、自分の未熟さが恥ずかしい限り

レタッチの話は、自分の未熟さだけど
レタッチする機材に関しては、どうしようもない。
だって、お金ないもん。


私と同じ状況下におられる方も少なからずいらっしゃると思います。
で、私が映像の仕事上、色補正をする場合に実践している方法(出先の仕事で機材が無い場合)
ちゃんとした機材がなくてもできる方法を提案します。


この方法なら大丈夫という保証はありません。
できれば、ちゃんとしたディスプレイがあるにこしたことはないと思います。
だけど、無いなら無いなりに、貧乏なら貧乏なりにやれることはあるということです。
実際に、されている方もいらっしゃると思いますが、
それはそれで、
私の説明に足りないところがあればコメントいただけると私的にも助かります。



極端な話、今の環境で十分




なぜなら、決まりなんてないから。
確かに、テレビなどには基準があります。
それがないと、問題が起きるからです。
たとえば、フラッシュ(高速点滅)とか。
あるアニメが発端となってニュースにもなりましたよね〜。
彩度が高い映像が暗い部屋で点滅なんてすると、だれだって目がおかしくなります。

でも、それってモニターがどうのとか、編集ソフトがどうのこうのとか関係ないですよね。
機材というより制作する人として色々情報収集して気をつければよいことだと思います。

で、なぜ今の環境で十分かといいますと。
webで掲載される写真にしろ、雑誌やチラシなどにしようされる写真にしろ
最後は、一般の人が、普通のパソコンや紙で見ることになるからです。

だから、なぜ?と思われるかもしれませんが
それをこれから書いていきたいと思います。



入り口と出口は一緒





プロのクリエイターとかプロダクションなら話は変わってくるので
そこは触れませんが
ストックフォトをやっている写真好きな人、趣味の動画をネットにアップしている人など
現代は、写真や映像のプロのクリエイターだけではありませんよね。
そんな人たちが、PCやカメラだけでも出費がすごいのにディスプレイまでとなると
ちょっと、お財布が・・・と立ち止まってしまうと思うんです。
でもそんな人たちは、ブログやホームページで写真を使いたい人、動画サイトで閲覧する人と同じ境遇でもあるんです。
ということは、同じランクくらいのPCやカメラ、モニターやテレビを見ているということ。
プロ仕様のカメラや編集ソフト、マスターモニターなど使用している人は
稀な存在になると思うんです。
制作している側と使用する側が同じ境遇なんですね〜





基準となる作品を見つけて今の環境で確認すれば良い





今の世の中、至るところに素晴らしい作品が転がっています。
ネット上でも一緒です。
でも、その作品を確認するのは
自分が所有するPCなりテレビですよね。
じゃ、その作品が自分のPCやテレビで表示している状態を基準にして
編集、色補正していけばいいじゃんという話です。
自分のPCの液晶ディスプレイがおかしくとも、
部屋の明かりが蛍光灯であれ、白熱灯であれ
基準として存在する作品は制作されたプロの方が基準を見極めて制作したものですから
自分のPCのディスプレイに表示されるように編集、補正していけばよいのです。


例をあげますと
一番上に掲載した写真。
パソコンのモニターには映像の基準信号であるカラーバーが表示されています。
ただ、周りの環境光は赤っぽいですよね?




もしここがあなたの作業場だとしたなら
この環境下で見える色を基準として赤っぽさを少なくしようとするはずです。
すると蛍光灯の環境下で見ている人はおそらく青白い作品だなぁという印象になるでしょう。

視点を変えれば良いのです。

カラーバーは絶対正しい色。
この環境では赤っぽくなるかもしれませんがこれを基準にすれば良い。
編集、色補正をしないといけない写真で
雲が映っているとします。
撮影のときは、雲は真っ白でした。
なら、この環境ではすこし赤っぽく見える白色に雲の色を合わせていけば良いのです。

極端な話、
自分のPCディスプレイでは赤っぽく、もしかしたら夕焼けの空に浮かぶ雲に見えるかもしれませんが蛍光灯の下で見ている人には真昼の状態に表示すると思うんです。




色に関してはわかったけど、明るさやコントラストは?




明るさやコントラストも一緒です。
そのかわり、波形というかヒストグラムを見る癖をつければ良いのです。
参考書や、ネットにあるチュートリアルでは
ヒストグラムを見ながら補正するやり方などが説明されていると思います。
詳細に関しては、割愛させてください(探してみてね、たしかあったと思います)




最高のディスプレイで基準の色を正確に表示できたとしても視聴者のモニターが悪ければ




ということですよね〜。
いつも、壊れかけの古いモニターを使用している人は
慣れてしまってきづかないかもしれない。
もし、そこへ、友人であるプロのクリエイターが訪れて
「このモニター色おかしく無い?」
と言ったとしても、
そのモニターの所有者が、
「見れれば十分、いつもこの色だし」
と言ってしまえば、
どれだけ、パーフェクトな色を表現できたとしても
無駄ではないけど、クリエイターとしてはやる気を削がれますよね〜。




身近に壊れかけの古いモニターがあるなら活用すべし



私の仕事場では未だにブラウン管の14インチが活躍中。
どうして、未だにと思われるかもしれませんが
映るから買い換える必要無いのです。
という理由もありますが
実際は、40インチの液晶テレビもありますし
4Kテレビも、Macだけでなく古いWinPCのモニターも。

全てで確認するんです。
そのブラウン管の14インチを最低として、4Kモニターまで
自分が制作した作品がどのように表示されるか?

全てが同じ色、質感で表現できるわけではないけど
許容範囲はあるはずです。
そこを見極められれば、
どなたがどんな環境下で鑑賞してもOK大丈夫ということにしています。


これが紙媒体なら、印刷して確認するもよし。
紙の質を変えることができればなお良し。


だって、利用する人や鑑賞する人は、同じ境遇の人が多いですから


に落ち着くんですね〜。



本当は、良いディスプレイがあることにこしたことはないですよ。
だけど、みんながみんなそんなにお金かけられないですから。
もし、参考にしてみようかなぁと思う方が一人でもおられたら
役に立ったのかなぁ(汗


※だからといって、この方法は保証できません。
 責任はとれませんよ!


私なりのやり方なんで、ありえないと思う方は、スルーしてください!!

2016年9月15日木曜日

写真のレタッチでここまでするなんて、自分の未熟さが恥ずかしい限り


私が新しい情報を求めて覗いているサイトです。
写真とか映像やっている人は知っていると思いますが。

きょう、仕事が暇だったんで
覗いていたんですが

【風景&ネイチャー レタッチの教科書】というシリーズがあるんです。

最近アップされていたのは「季節を意識したレタッチ③」

元素材と、レタッチされた素材を最初に比較されてあるんですが
ここまで変わるもんかぁとあんぐりしてました。

Photoshopを使ってのレタッチで
こちとら、仕事でレタッチすることもあるので
上から目線で、その工程をさら〜と読んでやろうと思いスクロールしたら

気づいたら2時間。



どっぷり、読み込んでしまったのである。


しかも、Photoshop開いて、レタッチしていた



すんません。上から目線。


かなり勉強になりました。



それにしても、まず驚いたのが


PhotoshopにはRAWフィルターなるものがあるんだということ



PhotoshopではRAWデータを扱う場合、最初にプラグインが立ち上がり
現像することができるんだが、JPEG素材などはできない。(当然だが)
でも、RAWデータでなくともRAWデータを現像する風な補正ができるフィルターが存在したのだ。


恥ずかしながら知らなかった。


仕事では、写真ではなく映像系の方で映像制作で写真を扱わなければならないときや
テロップ制作でしかPhotoshopを扱わないので知らなかったのは許してください。
(いいわけがましい)

まぁ、RAWデータのように補正できるがJPEG素材だと限界はあります。


それはいいんですが


補正の工程が多いこと。


完成までにこんなに工程があるのか・・・と


驚きでした。


でも、この工程があるからこそ良い仕上がりになるんですね〜。


レタッチすることが一概に良いとは思いませんが


レタッチしなければならない素材もあると思うんです。


そんな素材が劇的に良くなると、勉強したくなる。


もし、サイトを知らなかった人で参考にしてみたいと思う方はこちらから





ほかにも、最新機材の紹介や照明技術、映像編集のテクニックなど

無料でここまで教えてくれるのはありがたいです。


ということで、明日も暇そうなので勉強しようかなぁ。




2016年9月13日火曜日

AdobeStockの検索で上位に出てくるではないか!!

adobe stock


以前、fotoliaで久しぶりに購入されたことを紹介しました。




なぜ、売れたのかが想像ついた。
それは検索上位にあったからだ。

たぶん。


ちょっと調べ物していて
adobeの公式サイトをみていたところ
adobe stockたるサイトに行っていた。

前から、存在は知っていましたし、
fotoliaとadobe stockが連携しているのは知っていた。

でも、


fotoliaが買収されているのは知らなんだ




まぁ、買収されようが私には全く関係ないところで、
ストックフォトも登録してなかったし。



なんとなく、fotoliaで購入された素材を検索してみた。


 fotolia



なん

な、な、な、

なんと



1ページ目という検索上位に出てくるではないか・・・・!

「さくらんぼ」という単語ひとつで。





すこし見づらいですが
右下の赤枠で囲ったところ。

2年前ですよ。登録したの。
どこかのサイトなんて、1ページ目に入るなんて
登録しまくっている今でも無いのに・・・

購入されたことで上位に上がった可能性もありますが

ちなみに、fotoliaではまったく1ページ目に出てきません。


なぜ?



こんなことなら、fotoliaでもっと頑張ればよかった。

今からでも十分ですが・・・(汗



個人的には、

もしAdobe Stockで販売するなら、

売れたポイントをAdobeCCの支払いに利用できると嬉しいんですけどね。

どうせ、PhotoshopとかPremiereとかAfterEffectsとか使いたいので。

adobeさん、出来ませんかね?

ちなみに

年間にすると adobe全部なら6万、写真だけなら1.2万



2016年9月12日月曜日

ドラレコ付きのルームミラーで個人的に思う最大のデメリット

以前、ドライブレコーダーを買ったことを記事にしました。



ドライブレコーダーが付属するルームミラーのなんといっても良いところは
すっきりしているところ。

フロントガラスにドライブレコーダーを単独で設置すると
視線の邪魔までにはならないけどゴチャゴチャして見栄えが良くないし
いかにも設置してますよというのが目立ってしまう。

そういった心配を解消してくれるのが
ルームミラー型ドライブレコーダー。

かれこれ
1ヶ月ほど設置しているが
今は、電源コードも車内のカバー?の裏側に隠して
はっきり言って、ドライブレコーダーがあるなんて忘れるくらい。
良い買い物したと思った。


しかし、



気づいたんです。
弱点を、
いやデメリットというのか?


最近は、休日がまた少なくなって車に乗る機会が減り、
嫁が良く利用していました。


先日、仕事が終わって嫁に車で迎えに来てもらった時に言われた一言


嫁)ルームミラーが見えにくいのよね


嫁)ちょっと動かしていい?



私)うん、いい


私)あ゛


私)ダメダメ!!


せっかく、カメラの構図決めているのに
動かしたら、構図が変わっちゃうじゃん!



そうなんです。
ルームミラーに付属しているドライブレコーダー。
ルームミラを動かせば構図が変わる。


まぁ、カメラは可動するので微調整すればいいのですが
それだとルームミラーを調整するたびに毎回微調しないといけない。


とくに、ユピテルのDRY-AS380Mは
録画意外に、車線のはみ出しなどを警告してくれる。
だから、だいたい、今のカメラの構図で車線の幅などを
内部の装置に記憶させている。

ルームミラーを動かされたら、それも設定し直さないといけない。


気づかなかった・・・


利用していて、気づいたデメリットでした。


おそらく、車の運転者が一人なら問題ないのですが


私みたいに、家族で利用する方は気をつけたほうが良いと思います。


まぁ、最近のドライブレコーダーは広角なので


撮影方角が極端に変わることがないので問題はないと思いますが


私みたいに、ドライブレコーダーで撮影した映像を







稲刈りの時期もそろそろ。ストックフォトに収めたいが

※イメージ写真(頂き物)

九州はまだだと思いますが本州の方ではそろそろ
始まる頃ですかね。

今年は、暑かったし、台風も相次いでやってきた。
稲穂の出来はどうなんだろうか・・・
収穫の秋ですから、いろんな作物にも影響が出てないといいのですが。


自宅の前にこじんまりとした田んぼがあって
近づいてみたわけではないのですが
なんとなく、稲穂が膨らんできてるかなぁ。


ストックフォトに登録する写真でも撮ろうかなぁと考えているんですが
九州はどんな出来なんだろう?
豊作なんだろうか?
ストックフォトだとやはり、
できるだけ頭を垂れる稲穂を綺麗に撮ってあげたいけど
専門家でないんで、稲穂の出来具合とかよくわからないのですよね。

まぁほんとは、豊作でも不作でも登録してあげたほうが
いろんな素材があって購入者にとっては用途の幅が広がって良いと思うんだが
PIXTAにはエディトリアルという概念がなさそうですし、
豊作でも不作でも両極端なイメージで撮ってあげないと
リジェクトされるんだろうな、きっと。

なんにしても、今は撮影したい。
暑さが落ち着いてきてるからチャンスなんだが
なぜか家から出ようとしない。
矛盾しているんですけどね(汗


2016年9月11日日曜日

トカゲ君白くなったかな?

以前紹介したトカゲ君。ヤモリっていってあげたほうがいいのか?



その兄弟なのか、仲間なのか
あることが気になったので撮影した。



今年の夏は太陽ギラギラで
10秒でも太陽のもと立っていたら真っ黒になるくらい(おおげさですが)

でも9月になるとなんか、涼しくなったような。
残暑がない感じ。


で、昨日、仕事から帰宅するとこいつを見つけた。

光の当たり具合で真っ白に見えた。

撮影するときは、まっしろだなぁと思ったけど
よくよく見ると背中、うっすら黒いかなぁ。


でも、ここ最近天気がぐづついていた感じだから
白くなったんですかね


相変わらず、嫁は嫌っていますが
私は、全然OKですけどね。

悪いことするわけではないし。


iPhone6が壊れたのでiPhone7にしようと思ったが。

iPhone7が発表されましたな。
個人的には、決済ができるようになること以外は
あまり買いたい気持ちにはならないかなぁ
でも新しいiPhoneにできるならそれにこしたことはない。



ただ、最近iPhoneの調子が悪かった。
電話が繋がっても声が聞こえなくて。

もしかして壊れたか?
来年の2月で2年を迎えるしバッテリーの持ちも悪くなっているし。


これはiPhone7に買い換えなさいという神の思召し。

ニヤ

ちょうど、世の中では予約の受け付け中だし
壊れたという理由で嫁の了承も得られる。

気がかりなのは、どっちが安くあがるということだ。



修理した方がいいのか、買い換えたほうがいいのか




買い換える場合だと
  • ドコモなので月々サポートが残り6ヶ月ある(私の契約上)
  • 発売直後なので割高?

修理する場合
  • AppleCareに加入していない
  • ドコモのサポートにも入っていない

私はiPhoneを素っ裸の状態で使用しててこれまで落としたりして壊わしたことないので
何も保険に入っていないのだ。
自慢というか少し無謀なところもあるが、日々そのプレッシャーから慎重に扱っているから意外に大丈夫なのかも笑


悩ましいところだ。どちらにしろ出費があるな。




なんで壊れたんだろ?



とくに、何か起こったわけでもないし、
強いて言えば、マイナーアップデートしたことくらい。

ん?

マイナーアップデート?

以前も、マイナーアップデートしたところ

挙動がおかしかったが。


何はともあれ、困った時は、電源オフって再起動。



正常に通話できるようになりました




残念ながら、いや残念ではないが
正常に電話できるようになりました。


私のiPhoneだけかと思うんですが
アップデートかけるとたまにおかしくなるんですよね〜。

そのとき、自動で再起動していると思うのだが・・・・



という理由で、



私はiPhone7への機種変更は持ち越しとなりました







2016年9月9日金曜日

SDカードを補充。これで容量気にせず撮影できるな



D5300用とドラレコ用のSDカードを購入した。
記事にするほどでもないと思うが、
実際、この2つのSDカードが信頼性あるかも含めて使用していきたい。

まぁ、ドラレコに関してはこれでHD撮影で4時間。
十分です。万が一でもあるし、旅行記念の映像制作にも使える。

今更ですが、CFカードでしか大容量の記録媒体として使ってなかったので
特に、microSDの32Gとか大丈夫なんか?と不安なんです。

東芝さんだんから大丈夫と思いますが。
SanDiskさんも大丈夫と思いますが。

すんませんね。疑い深くて。
給料を全額自分の使いたいものに使える身分ではなくなったので
失敗は許されないんですけどね(汗


商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。
SDSDUNC-032G-GN6IN【SDHCカード32GB Class10 UHS-1対応 Read80MB/s】
価格:1170円(税込、送料別) (2016/9/9時点)

2016年9月8日木曜日

主力のイチゴと滝が売れるストックフォト。続編を登録するべきか!?

今年の夏は、イチゴと滝ががんばってくれた。
いや、まだがんばってほしいが。。。。




どちらも、私の登録するストックフォトの中では
シリーズ系のストックフォトです。
この2種類がなぜか売れるんですね。

滝に関しては、涼とか観光とか用途はなんとなく想像できますが
イチゴに関しては、かなり時期的に早いなぁと。
イチゴ狩りの告知とかあるんですかね〜。

ただ、今年だけに終わらせないためにも
続編の登録が必要かなぁ。
攻めに走った方がよいのか?

どちらも、まだ構図をかえて撮影するイメージは頭の中にあるんですよね〜。

それより、違う被写体を求めて撮影に出かけたほうがよいのか?


攻め続けるか、守りに入るか?



ん?

違う被写体を求めて撮影に出かけるのは守りなのか?
いや、自分の売れ筋に追加登録するのが守りなのか?

よくわからんくなってきた。

とにかく、撮影して登録しなければ話しにならん。


もうすぐ、時期外れの夏休みに入ります。
8月は、普通に暦通りだったので
9月は帰省、10月は四国旅行。

ここでどれだけ撮影できるか。
冬を越せるんだろうか・・・・


郷土の料理をストックフォトに、これって同じ料理でもちょっとずつ違いがあるよね

きょう、ニュースを見ていたら
地元のデパートでおせちの販売がはじまったことが紹介されていた。

もう、そんな時期ですかね〜。



前から思っていた疑問なんだけど
ストックフォトでは料理とかもたくさん種類がそろっている。

ただ、その料理は一般的なものなのかっていつも気になってるんですよね〜。

先日同僚と話しをしたんですが。
正月に家族でたべる料理におせちがあります。
同僚の地域では、おせちとお頭付の鯛が出るそうです。
私の地域では、おせちと刺し盛り。
雑煮も全国各地、いろいろと具材も違うし、出汁もちがうだろうと。
おせちの中身にいたっては、もっと違うんじゃないかなぁ。


ストックフォトでそういった料理などを扱う場合って難しい気がする。
いつも深く考えすぎなんだろうけど。



私の実家のおせちは一般的なものなの?



じゃ、私の実家で撮影したおせちやお雑煮。

例えば
ストックフォトに登録したとします。
海外の方が購入してくれたとしよう

海外の方が
日本の正月はおせちを家族でいただきます。といった記事に写真を使ったとする。

その写真を見た人にはどう映るのかなぁ?

私の実家で出たおせちが日本の一般的な料理となってしまうんだろうか。


まぁ、撮影するときは、
事前にいろいろ調べた上で、地域固有の料理や調理法のものは写らないように
一般的なおせちになるような構図にすると思いますが、
難しいです。


この地域の郷土料理ですと断定していいのか?



全国にはいろんな郷土料理があると思いますが。
限定的な地域で食される郷土料理と断定してよいものなのか?

例えば、地域の中でも、ちょっとずつ違うかもしれない。
自分の母親が、ある具材が嫌いだからアレンジして別の好きな食材に変えたり
出汁が甘すぎるからといってキムチ味にしてみたり(極端だけど)したら
色味が違ってきたりして
郷土料理ではなくて家庭料理になってしまうんじゃないか?


考えすぎなんだろうけど(汗




販売する際は、説明を加えた方が良いのかも



タグも重要な作業だと思いますが
やはり、購入される方に対して
料理の場合は、どの地域のどういった具材をどのように調理したものと
キャプションを添えてあげたほうがいいんでしょうね。
それによって、購入候補から外れる可能性も出てくるでしょうが
間違って購入されるよりは良いのかもしれません。

ただ、
海外の方にとっては、
翻訳がどこまで丁寧にできているかが重要になってくるでしょうけど。
まぁ、日々ストックが増えつづける中で
ストックフォトサイトでは対応できるかが課題になるでしょうけど。

でも、バイヤーファースト?
今流行りの○○ファーストと書きましたが
購入者にとって、よりよいサービスになってくれるといいな。

なぜ、上から目線なのかわかりませんが・・・すんません。



今年も、のこり4ヶ月か〜。
人生半分ともなると、月日が流れるのが早い。
実は、おせちって苦手なんですよね〜。







アナログ的な感じが逆に個人的に安心する、鍵閉め忘れ防止用のガジェット。

あまり、トレンド記事を書くタイプではないのだが
テレビを見ていて自分も同じ悩みからどうしても欲しくなったガジェット






そうなんですよね〜。
これで少しは楽になるかなぁ。
毎日、出かける時に戸締りや火の元などの確認が10分以上続く自分に呆れてしまいます。
灰皿、エアコン、ガス、窓、電気、水道、コンセント、玄関。

コンセント?

コンセントにプラグが中途半端に差し込まれていないか気になりますね。
何かの拍子に火花が散って火事にならないか・・・

鍵の種類によっては、使用不可なものもありそうですが
私の自宅では使えそうな感じです。

ほかにも、ITを駆使したガジェットも紹介されていましたが、
やはり、アナログ的な方が私的にも安心する。



まずは、買っていいか嫁に交渉しなければ・・・
嫁も、気になる性格だからなぁ。
大丈夫だと思うけど・・・

2016年9月7日水曜日

同じ時期に同じ素材が複数回売れる。クリエイターはウハウハだけど、購入者は気にしないんだろうか。


ストックフォトにて、当たり素材。
人気がある素材であることはクリエイターにとっては
一枚の素材が何度も売れるというのは
うれしいことではあると思うんだが、
果たして、購入する側はそれでいいのか?

ネットでも利用されているストックフォトのイメージ写真。
同じ写真を別のサイトで見ることもある。
それだけ需要がある、人気の写真なんだろうが。
購入者は、それで良いのだろうか。


購入した素材は、加工を施す


映像の仕事をしていて、
私の場合は、購入した素材に関してはできるだけ加工するようにしている。
なぜなら、見ている人に「これどこかで見た」という印象を与えたくないからだ。

よくあるのが、映像のトランジションエフェクト。
キラキラと光がタイトルの周りを彩ったり、映像の転換させるワイプ。
様々あるが、できるだけ色を変えたりスピードを変えたり(方法は他にもありますが)
見ている人に「これ別の映像でも見た」という印象を与えないように
加工します。

それは、クライアントのためにも世の中で初めての演出であってほしいし
見ている人に「パクリやん」とか思われたくないし、
前の印象を思い出されることで私が制作した映像の印象が薄くなるのが嫌だからです。


とはいっても、世の中パクリではなくてもいろいろ似た様な演出がある。
CMで流行った「検索」のアニメーション。
だれが始めたかも私にはわかりませんが、今はどんなCMでも目にする。

ある意味、似てくるのは仕方ないのかも。流行りというのもあるし。


仕事によって使い分ける自分もいる


そんなこといっても、結局同じ素材をそのまま使うこともあるんですけどね。
例えば、このブログ記事も。
冒頭の写真にしても前の記事でも使用していたものだし。

仕事によっては、予算によって加工するかそのまま利用するか使い分けている。
(納期など時間的制約もありますが)


だけど、こころの中では、やはり少しでも加工したい。
同じ素材を使うというのは仕方ないにしても
まんま使うというのはできるだけ避けたい。



人物モデルの素材ほど加工し難いものはない



これって、加工しづらいですよね。
とくに、表情が良ければ良いほどそのまま使いたくなる。
色調したり、トリミングしたりとマスクで切り抜いたりしたとしても
その印象は残ってしまうと思うんです。
有名人でなくても、やはり表情が良いものは良いんです。

でも購入した人たちはどうしているんだろうか・・・
そのまま利用しているんだろうか?
私は、ストックフォトにてモデル素材を利用したことが無いのでわかりません。

まだ、風景素材や物撮りしたものの方が加工しやすいと思う。




個人的には、絞り込み検索の性能を上げて欲しい



私が販売用として登録するのは主にPIXTAだが
購入する立場として利用してみると
絞り込み検索で「販売回数順」というのがある。
これって、単に人気順じゃないのかと思う。
売れている写真=良い写真=売れる=利益が上がる
なんだろうけど
もう少し、情報を盛り込んで欲しいという気持ちもある。

例えば写真AC。(冒頭の写真をダウンロードさせていただきました。)
「いいね」や、ダウンロードの回数などが
投稿者だけでなく、ダウンロードする側も見ることができる。


同じ写真が世の中にたくさん出回っていても使いたい利用者もいるだろうし
私みたいな頑固者で、できるだけ購入されていないけど良い写真。
掘り出しものですね。そんなのがほしい人もいる。(ワガママです)

PIXTAだけでないんだろうけど、
ストックされている素材が増えれば増えるほど
絞り込み検索の機能を充実してほしい。


結局、やっかみです。



まぁ、私が1枚の写真で10回も20回も売れたことがないので
正直、悔しいんですね(汗
良い素材は、やっぱり誰でも使いたくなるし、何度見ても良いものは良いのです。

ただ、ストックフォトサービスでは
もっと絞り込み検索の機能を充実させてほしい。
急ぎ購入したいときに、1000枚も2000枚も見てられないんですよ。
大げさですが(笑







2016年9月6日火曜日

三脚につづき、旅行のために必要となってきたSDカードを購入。

記事にするまではないのだが、
今の私の率直な感想。

むちゃ安いんですね。
ぶっちゃけ使い捨てでもいいんではないかと思ったくらい。
おもわず64GのSDカードをクリックしてしまいそうになりましたが
その容量まで買うなら、ちょっと信頼性を求めてしまうので
とりあえず32Gにしておきました。


イメージです。


なぜなら、64Gも撮り溜めていざPCにコピーとなった時に
データが消えてしまっていたら怖いので・・・(汗

以前、仕事で関東まで飛行機で行って撮影したデータを持ち帰ったら
データが消えていたことが身近でありまして。
結構、いろいろと関係者にチクチク言われました。
だから不安なんです。

いっぱい撮れるにこしたことは無いけど
何枚にも小分けにされてた方が消えた時のリスクを抑えれるかなと。。。

32Gでも消えたら恐ろしいですけどね。

それにしても、SDカードの種類
SDHCとかSDXCとか全くわからん。
容量の違いらしいが、
あと、
NikonD5300を買うまでは、CFカードだったので
SDカードの薄っぺらさと小ささに接触不良とか大丈夫かと疑ってしまう。
microSDとかなおさらです。
今は、SDカードのほうが主流なんですかね?


今回、ドラレコ用にもmicroSDを購入したが
スマホとかならまだしも、ドラレコくらいなら大きなSDカードでいい感じがするんだが・・・
(私が購入したドラレコはmicroSDでした)


本日、
SDカード32GとmicroSD32Gを2枚お買い上げ。
といっても、楽天ポイントで購入。
これだと、嫁の了承もいらないし、無駄遣いと怒られない。
理想的な私の買い物です。

先日、記事にした三脚もポイント払いにする予定で
嫁には報告だけしておきました。
※了承の有無は別として買い物は報告が必要です。


三脚よ、もうしばらく待て!







2016年9月2日金曜日

秋の旅行を前に三脚でも買おうかと。マンフロット「COMPACTアクション」

秋に、嫁と四国に旅行に行こうかと考え中。
写真と映像を撮りまくってやろうと思うんだが
(嫁には、呆れられていますが・・・)

やはり三脚があったほうがいいかなぁと。
これまでは、写真だけだったので手持ちで撮ってたし、
あとはゴリラポッドを使っていたりしたんだが、
そろそろ、映像もしっかり三脚立ててとらなきゃと・・・
ゴリラポッドでもいいんだが、やはり高さの調節が。

でいろいろ検索していてこれがいいなかぁと




最初、自由雲台を持っていたので(一脚で使用中)雲台無しの三脚を思っていたんだけど
なんかこれ、ジョイスティック型で使いやすそうと思って。

全伸高   155cm  
最大耐荷重 1.5kg 
格納高   45.3cm 
重量    1200g

値段も6000円くらい。
嫁に怒られない程度・・・(笑









スチールだと3ウェイ雲台とか、水平、垂直と微調しながら構図を決めるのが一般的だと思うのですが、
自由雲台でこういったジョイスティック型てのは新しい感覚?
価格コムで確認すると登録されたのは2014年。
単に知らなかっただけ。

でも一目見ただけで気に入りました。買います。
いろいろデメリットもあるようですが
個人的には安くて、デザインが良くて、ムービーにも使えると思うと私には十分です。










アマゾンのサイトでは、紹介ムービーありますよ。ほんとは記事に貼り付けたかったんだけど貼り付けられませんでした(汗


2年間放置していたfotoliaでなぜか売れる。うれしいというか驚いた

うーん。うれしいというか驚きです。
それは2年間も放置していたんですから、

 fotolia


これは、自宅で趣味で栽培しているさくらんぼですね。
実った状態で鉢植えとして販売していたものですのでこれだけ収穫できたんですけどね。
最近はさっぱりです(笑


放置というのは、さくらんぼのことではなくて
fotoliaのことですけどね。

始めたころは、かなりの確率で不採用になっていて、挫折したんです。
あきらかにPIXTAのほうが、私的には採用率高かったので。

最近は、adobe stockでも販売されているそうですね。
びっくりです。

しかも、1.65というクレジットを獲得できたのですが
今回より前に2度売れたことがあったんですが1枚0.25というクレジットに
換金するのにどれだけかかるんだと・・・
まぁ、それも放置の原因ですかね〜。


今回売れたことで、fotoliaも。。。
と、いいたいところですが
よくわからんす。
海外のサイトだし、換金の仕方もろくに勉強してないし
それ以前に換金できるまでどのくらいかかるかわからないし。

また放置に走ろうと思います。

余裕が出てきたら、がんばってみようかなぁ。

2016年9月1日木曜日

PIXTAでの売れ行き、横位置が縦位置の4倍弱(個人の結果です)

急がなければ、秋素材が全く無いまま9月に突入。

本日、PIXTAで売れましたが。夏のなごりですか



上記写真は、熊本の「鹿目の滝」シリーズの販売されていない素材です。
本日売れた写真は、このシリーズの横位置の写真です。

鹿目の滝シリーズ
横位置  6枚(うち4枚販売歴あり)
縦位置  3枚(いまだ無し)

まぁ、少ない数値で比較してもしかたない。

私が登録している全体の販売数では
横位置が縦位置の4倍弱を占めいている。

総数 110枚 横56枚 縦54枚
まぁ、半分半分ではあるが、シリーズもので横位置が多いものもあれば縦位置が多いものもあるし一概に比較はできない。

それでも、なんだろうなぁ。
私の素材は横位置の構図が使い勝手がよいのだろうか。

実際、私が記事で使わせてもらっている写真に関しても横位置の構図が多い。
縦位置の写真って記事にするとレイアウトが困るんだよね。

と考えると、web系での利用が多いのかなぁ。と思ってしまう。
考えすぎだと思うけど。

縦位置の写真って撮るのは好きなんだけど、よく考えるとブログなどで記事で利用するとき、私にとってはすこし使いづらいかなぁ