2017年5月31日水曜日

Nikonから純正の保護フィルター発売。いやその高級フィルターにまた保護フィルターしてしまいそう笑


メールを見ていたらNikonから新製品情報として届いていた。

くわしくは、こちらを見ていただきたいのだが

レンズ本来の描写力に極限まで迫るARCREST

優れたフィルターだと思われます。


しかし、お値段も結構で
個人的には、このフィルターしても
被せるように安いフィルターをしてしまいそうな感じが・・・笑



MacPro2013でDavinciResolve書き出しでキズが入る対処法



仕事でのことなんだけど
最近、やたらエンコードする作業が増えた。
4K素材などをHDサイズにダウンコンバートして使用したいらしい。


とくに、log撮影された素材をDavinciでカラコレしてからエンコードを依頼されることがある。
そこで、困るのがMacPro2013によるGPU問題。
むか〜しからそこらへんは言われ続けてきた。

販売代理店などの担当者に聞いたところ、
熱による問題なんだそう。
※諸説あります。


でご存知のかたもおられると思いますが
Davinciのレンダリング速度を落としてGPUの熱上昇を回避したりする方法を提案されたのだ。


しかし、一度出始めると速度を落とそうが出るんだこれが。


そしてレンダリングを停止して一旦Macを冷やしたり
室内の冷房を過剰に冷えさせたりやっていた。


でもね一番の問題は、キズが乗るんではないかとヒヤヒヤしながら
ひたすらモニターとにらめっこ。
これが一番きつい。
縦に1ドットの横線が映像に発生するんだろうと探しまくる。
疑い深くなり、一旦レンダリングを止めて確認。
乗ってたらガックリくるし、乗ってなかっても止めたことによる憔悴感。


でね、気づいたことが一つあります。


実は、SonyのCatalystBrowseというエンコードソフトをたまに使用したりするんです。
しかし、同じMacなのにそういった不具合がないのです。
処理は遅いのですが・・・。


でいろいろ調べてみたら
CatalystBrowseではGPUを一つしか使用してなさそうっぽい。
たぶん。

そこで
Davinciの設定を確認してみると2つあるGPUをMAXで使用していました。


作業するにあたり、速度のことからは目をそらし
GPUを一つにする選択をしてみました。


!!!!


おおおおお


全くキズが入らなくなりました。
レンダー速度の設定はMAXなのに(と言っても本来のスピードの半分以下ですが)
Macの温度を測るソフトでもぜんぜん、上昇しません。


以前、AdobeのMediaEncoderでも同じような問題があり
レンダラーをソフトウェアにすればともありましたが
同じようなことですね。
でもこれってGPUを全く使わないのか?
それなら相当遅くなるよね。


つい最近、
MacProの不具合に関してAppleでも公式に認めたようで
新たな開発をするようですが

個人や中小企業では
そんな簡単に買い替えなんてできません。
しかも、4Kでこんなこと言ってたら8Kになったときどうなるんだろう。
ぞっとします。


これまで瞬きを極力抑えながらキズが入らないか見てきましたが、
これからは速度は落ちましたがゆっくりとエンコードを待つことができます。
スピードより、自分の体が大事です。

今更の問題を記事にしてみましたが
もし、同じようにお困りの方がいらっしゃいましたら
ぜひ、試してみてください。

あっ保証はしませんのであしからず。


2017年5月28日日曜日

タイムラプスに魅せられた逸品

もうじき、梅雨の季節がやってきますが
日本もなんだか局地的なスコールが頻繁に発生し
なんだか梅雨っていうイメージではないですが・・・。


よく、vimeoという動画サイトを拝見しますが
タイムラプスをやってみたいと思い始めたのがこの動画


Monsoon III (4K) from Mike Olbinski on Vimeo.


知ってらっしゃる方も多いかと思いますが、
すごいですよね。

タイムラプスというかインターバル撮影というか
星空をイメージするのですが



これからの時期は雨も多くなると撮影するのも億劫になりますが
(いや、天気関係なく全くカメラに触ってないのですが・・・汗)


D5300にはインターバル撮影という機能があります。
しかしプログラムオートではないと撮影できないということで
思ったイメージに近づけるためにはやっぱり機材が必要なのね。

まぁ、カメラとレンズ、SDカート等はもちろんですが
長時間バッテリーを駆動させないといけないし
微速度でカメラを移動させたい、あと気温の変化も考えるとレンズが結露しないような
機材も。


個人的に揃えたいのは
微速度でカメラをパンさせるSyrpの「genie mini」

もうひとつ上の「genie」もあるんですが

これは結構なお値段。多機能。

ひとまず、「genie mini」で十分かな。
どこまで自分が飽きずにできるかわからんし。
また、この「genie mini」にシンクさせるためのケーブル(別売り)も必要
各メーカーによって違う。

そしてタイムラプスをするにあたってバッテリー問題もある。
予備バッテリーを準備するのもよいですが


これを利用するとモバイルバッテリーによる駆動もできるらしい。

とまぁざっくり説明しましたが
これだけ準備しようとすると
結構費用もかさむんですね〜。



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]
《新品アクセサリー》 Syrp (シロップ) ジーニーミニ【KK9N0D18P】
価格:40800円(税込、送料無料) (2017/5/28時点)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]
Syrp(シロップ) シャッター制御用ケーブル 3N Link Cable 0001-7002
価格:3390円(税込、送料別) (2017/5/28時点)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]
【送料無料】 CTJ CASE RELAY USB外部電源供給器 CRUPS110
価格:12830円(税込、送料無料) (2017/5/28時点)


また、撮ったら撮ったで編集するソフトもあるらしい
LRTimelapse」

撮影のタイミングによってはマニュアルであっても露出が変わってしまいます。
1枚1枚補正をかけるのも良いですが
10秒とるのにおおよそ300枚と考えると気が遠くなりそうですよね。

このソフトとLightroomを使用してタイムラプスを補正しているフォトグラファーも多いそうです。
無料版もあるそうで枚数と動画書き出し等に制限があるそうです。


まぁ、仕事の関係で時間的に余裕がないのだが
こうやってあれこれ考える時間が一番楽しいなぁ。

2017年5月11日木曜日

今更だけどBebopDroneのアプリで画質向上?


今更なんだけど、
最近、撮影機材の整理をやっていて
BebopDroneも迷っている。

で、整理する前に保存されたデータの確認をするために
アプリを再インストールしてみた。


iPadminiで使用していたんですが
機種変更したときに、しばらく使用しないから
iPad上から削除していた。


今回、保存状態を確認するためにアプリをインストールした。


あれ?


アイコンが変わっている。

こんなんやったけ?


まぁ、確認するだけだからとインストールして
設定関係を確認した。


これまで見たことのないようなタブ。


720Pとか1080Pとか
高画質、標準とか

あったっけ?


もしやと思い、

すこし撮影してみた。

もちろん、自室で。
いまどき、ドローンはいろいろ規制があるので


で再生してみたらなんとなく画質がいいような??


そこど動画のメタデータを確認できるアプリを使用


以前紹介したこともあるんですが
いろいろと便利なんです。
詳しくは、関連記事で



で結果



詳しくは説明できませんが
また、動画も同じ状況での比較ができてないので
ひとまずこちらで

アプリを再インストールすると
FreeFlight3ではなくFreeFlightProがインストールできるようになっていた。

気になった点は色づけでしめした部分。
H264のデータはいろいろあるようなんですが
個人的には
赤色の部分。プロファイルの部分ですね。

これって結構違うと思うんですね。
詳しくはwikiとかで見てもらうとよいのですが


これまで、HD収録といいつつ画質はイマイチだなと思っていた
BebopDroneの初期型ですがもしやかなりの進歩?

すでに以前のアプリをインストールできないので
以前収録した動画に近い条件で撮影して
実際の映像の比較をしてみたい。


2017年5月10日水曜日

結構な数のカメラ機材を整理しました



ここに写る、2台のカメラとレンズは5本ほど。

手放してしまいました。


カメラを所有するにあたって、あれもこれもと
購入してきた、結構大口径のレンズをです。


なぜ、今なのか。
特に、理由はなかったのですが
年齢ですかね〜。


若い頃は、どんなに重くなろうとも
2台のカメラと交換用レンズを4本ほど持ち歩いて撮影していたのですが
やはり、きつい。

自分の体力を見極めると、やはり、エントリーモデルの本体と標準でコンパクトなレンズ
これだけあれば十分かなと。
逆に、このスタイルで撮りたい写真を撮れればなぁと。
制限はされるものの、制限されたなかでどれだけ自分の感性をいかせるかと。

要は、それなりに落ち着いたのかも(笑


いまじゃ、防湿庫がかなり寂しくなりました。


D5300と、マクロレンズ、魚眼レンズが残っとります。
あっあと35mmの単焦点か。
でも、全部古いものでAFが効きません。


とりあえず、即買いはしませんが
1本だけレンズを揃えようと思います。


結局、買うんかい!!


やっぱり、AF効いてくれないと苦しいっす。




[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]
ニコン AF-P DX NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6G VR(ブラック)
価格:31402円(税込、送料別) (2017/5/10時点)


もうすこし、仕事に余裕が出て、最近ストックフォトも撮ってないし
撮りたいなぁと思った時にでも買おうと思います。



2017年5月9日火曜日

仕事でDavinciResolveを使用することになった。思うに結構、無料でも使えるのでは



4Kの仕事が入るようになってから
log撮影の素材を受け取ることも頻繁になってきた。
で、log素材はねむい映像(コントラスト浅め)なことから
グレーディングしてあげる必要がありますよね〜。

まぁ、いろんな記事にありますし、
まだ覚えたての私ごときが説明するには早すぎるので
省略します。


で、DavinciResolveを覚えることになった。
仕事先では先日発表された専用のコントローラー

これを使用することになったのだが

んー。
無理。
そんな急に覚えられないよ。

ということで、今は仕事仲間のVEさんにお願いしている。
しかし、VEさんも現場がメインで
いきなり、PC上での作業はちょっと、ということから
色はイジってもらって
サブ的な書き出しや編集等を私が主に手伝っている。


そんなこんなで
やっているうちに
DavinciResolveって編集できるんだ〜と改めて思った。
前々から知っていたが
オフラインくらいなら十分じゃん。


お、
ストック動画の色補正とかもこれでやればいいやんと思った。


このソフト、無料版もあるんだが
なかなか使える。

だって、XMLで持ち込まれた編集データをタイムラインに並べたとしても
1クリップ1クリップで色補正しエンコードできる。
しかも、同じファイル名で。

そしたら別の編集ソフトで色補正したクリップを載せ換えることができるし。


言いたいことはあるんだが方向性見えない記事になってきた。


まぁ、これまで
ストック動画をアップするときはFCPXで作業してきたが
Davinciを利用することが増えるかもなぁ